【戦評】町田が田村、島田、日根野谷が4得点ずつ挙げる活躍で不動前を圧倒!!

ペスカドーラ町田アスピランチ 19-3 不動前

<得点>
1分 田村 (ペスカドーラ町田アスピランチ)
2分 島田 (ペスカドーラ町田アスピランチ)
3分 西村 (ペスカドーラ町田アスピランチ)
4分 島田 (ペスカドーラ町田アスピランチ)
5分 日根野谷 (ペスカドーラ町田アスピランチ)
9分 日根野谷 (ペスカドーラ町田アスピランチ)
12分 西村 (ペスカドーラ町田アスピランチ)
14分 岡本 (不動前)
16分 相原 (ペスカドーラ町田アスピランチ)
19分 田村 (ペスカドーラ町田アスピランチ)
20分 島田 (ペスカドーラ町田アスピランチ)
21分 相原 (ペスカドーラ町田アスピランチ)
21分 日根野谷 (ペスカドーラ町田アスピランチ)
22分 日根野谷 (ペスカドーラ町田アスピランチ)
25分 中村 (ペスカドーラ町田アスピランチ)
26分 田村 (ペスカドーラ町田アスピランチ)
29分 田村 (ペスカドーラ町田アスピランチ)
30分 島田 (ペスカドーラ町田アスピランチ)
32分 飯田 (不動前)
33分 浅賀 (不動前)
38分 中村 (ペスカドーラ町田アスピランチ)
39分 武藤 (ペスカドーラ町田アスピランチ)

 

<チームシュート数>
ペスカドーラ町田アスピランチ 41本(前半21 後半20)

不動前 15本(前半5 後半10)

<個人シュート数>
ペスカドーラ町田アスピランチ 島田9、中村8、田村5、日根野谷5、西村4、服部3、相原3、新倉2、永野1、武藤1

不動前 浅賀4、飯田2、山口2、塩田2、岡村2、柴1、原田1、山崎1

<ファール数>
ペスカドーラ町田アスピランチ 前半4 後半2

不動前 前半6 後半5

主審:篠原 達哉 第2審判:吉田 豊宏 タイムキーパー:原岡 充

前節、岡山監督就任後、初めて公式戦で敗れた町田。都1部優勝の為にはもう1敗も許されない。一方の不動前は前節でジュールを破り、都1部昇格後、初勝利!! 降格圏内の渦中のチームだっただけに、昨季都2部で見せた強さを前節の試合では完全に取り戻した。今回の相手は昨季のリーグ戦で破っている町田だけに、不動前とすれば連勝で一気に1部残留に持ち込みたいところだったが…。

試合は開始早々から町田が一方的に攻める。1分にゴール前でボールを受けた田村がシュート。それが決まり町田が先制すると5分までに島田、西村、再度、島田、そして日根野谷と1分に1点ペースで5対0と突き放す。出鼻を大きく挫かれた格好となった不動前はここでタイムアウト。一旦、ゴレイロを失点で熱くなった佐藤から荒に交代させる。しかし荒に代えても、町田の攻勢は収まらない。9分に右サイドでボールを受けた永野のパスを日根野谷が詰めてゴール。町田が6点目を挙げると、11分には正確なクロスパスをゴール前で受けた西村がシュート。7点目を挙げる。不動前もカウンターから岡本がシュートを決め、1点を返すが町田の勢いは止まらない。16分に 中央でボールを受けた相原がソールシュート。ゴール左隅に流し込むと、19分には田村が豪快にシュートを蹴りこみ9点目。そして前半終了間際には島田がハットトリックとなるシュートを決め、10点目を挙げる。不動前の唯一のらしさは町田のエース・服部に関してはやりたいことをさせなかったことと18分に第2PKを取られた際に、懲罰交代となっていたゴレイロの佐藤がコートに戻り、好守で日根野谷のシュートを防いだこと。しかし前半だけで10失点。不動前は大きすぎるビハインドを背負って前半を折り返すこととなった。


後半開始後も町田の勢いが止まらない。21分にゴール前でボールを受けた相原がシュートを決め、11点目を挙げる。するとその直後に不動前はパワープレーを開始。大きな賭けに出る。しかし町田はこの状況を待ち望んでいた? と言っていいほど攻撃が加速する。22分にカウンターから日根野谷がまた抜きシュートを決めると日根野谷、中村、田村が立て続けにパワープレー返しのシュートを決める。これはまさに昨季都2部最終節のトカール戦のデジャヴと言っていいシーン。トカールが伝家の宝刀のパワープレーを仕掛けてから、逆に町田が大量点を取り、トカールを都3部へと葬り去った。それを見るかのようだった。その後、17対1と得点は開いたが、ここから不動前が意地を見せる。31分に柴がワンツーで抜け出しシュート。ゴレイロ鈴木が弾くも、29飯田が詰めてゴール。不動前が2点目を挙げると33分にはパス交換からの飯田のシュートは外れたものの、中央でボールを受けた5浅賀が突き刺し、不動前が3点目を挙げ、予定調和とはいえ、ゴレイロ鈴木をコートから引きずり降ろす。不動前がらしさを見せつつあるだけにそのまま攻勢を掛けると思いきや、38分に島田のクロスパスを左サイドで受けた中村が18点目を決めると39分に左キックインからペナ内でボールを受けた武藤がルーレットでDFをかわし、シュート。それが決まりついに19点目が決まり、試合終了。


19対3。町田が田村、島田、日根野谷が4得点ずつを決めるなど町田が圧勝!! 完敗した不動前だったが、いつかリベンジをするためには、最低限まずここから都1部に残留するしか道がなくなった。

文:舘野 秀行